やまざとの「このひと」「このもの」「このばしょ」を紹介したい!

毛利元就が活躍していた戦国時代末期。
廿日市の佐伯町・吉和村地域は山里と呼ばれていました。

北に十方山、西に冠山に囲まれた山深い地でありながら、
廿日市市と島根県津和野町を結ぶ津和野街道が通っていたことで、
人や物資の往来がさかんに行われ、にぎわっていたといいます。

大自然を身近に感じることができるやまざとエリアは

「自然が美しい」「水が美味しい」「空気が清々しい」はあたり前!

自然の中でとことん楽しむ場所や施設が
もりだくさんあることをご存じですか?

様々な情報を発信するのは、地元を知り尽くしたライター陣。
やまざと在住や地域に詳しい地元の普通の書き手です。

住んでいるから知っている通な楽しみ方
本当は教えたくない穴場情報
地元で有名なあの店主

観光ガイドとは違った視点から
それぞれがおススメする
「ひと・もの・ばしょ」の魅力をお届けします。

●ライター紹介●

ヤスムラ ミチヨシ

廿日市市在住。グランピング企画会社を起業後、レインボー倉庫広島の立ち上げに参画。地元商工会青年部の活動にも積極的に関わる。地域創業者の創出を目的とした「宮島口マルシェ」やコワーキングスペースでの創業希望者向けチャレンジマルシェなど年間100以上のマルシェやイベントを企画・運営。現在は、RAINBOWSOKO HIROSHIMAの運営を中心に、広島でワクワクすることやおもしろいと感じることを実行しています。

黒木 真由(くろきまゆ)

廿日市市出身。臨床検査技師やFMはつかいちパーソナリティー、浅原交流会館職員、津田にあるアップサイクル拠点『ナガスタ』など、多分野で活動しています。ライターとしてはまだまだ新米ですが、廿日市市の中山間地域の魅力をしっかりお伝えできるよう頑張ります!

●趣旨●
コロナ禍で観光についての概念も変化しました。手軽で、安全な近場への旅・変化する旅の需要の高まりに応じたコンテンツを提供するため、地元に根ざした市民の方々の情報(旬な情報・オススメ観光スポット・グルメ情報等)が重要になります。
身近にある「ひと・もの・ばしょ」について独自の視点で再発見し、新たな魅力発信に繋げます。

●応募の流れ●
下記お問い合わせフォームより、必要要項を入力していただき、送信してください。

●応募条件●
・廿日市市にお住まい、またはお勤めの方で、「佐伯・吉和が好き」であること
・文章を書くのが好きな方
・Instagramまたはfacebookのアカウントをお持ちでトレンドに敏感な方
・パソコンまたはスマートフォン等で写真を送信出来る方
・記事の投稿を最低1ヶ月に1度のペースで出来る方
・その他、年齢、性別、フォロワー数など一切不問

●活動内容●
さいき・よしわの「旬な情報」「おすすめスポット」「グルメ」等に関して魅力を写真と文章で記事を作成し、ホームページに投稿する

●注意事項等●
・廿日市市役所観光課では、個人情報に関しては管理責任者を配置し、適切かつ安全な管理を行っております。特段の事情がない限りお客様の承諾なく、第三者に開示・貸与・譲渡はいたしません。ただし、法的機関等により申し出があった場合や廿日市市観光課の権利・財産を保護する目的などにおいてはこの限りではありません。
・本アンバサダーに関する投稿内容は公序良俗に反しないものに限ります。投稿により生じたいかなる損害に関しても、一切の責任を負いません。これらの注意事項に反する投稿があった場合、取り消すことがあります。
・アンバサダーとして投稿する写真については肖像権や著作権を侵害しないもので、かつ廿日市市の観光PRで二次利用することを承認しているものに限ります
・市からの連絡は、原則メールにより行いますので、迷惑メール設定等に事前にご確認ください。

お問い合わせ